ICOとは? 仮想通貨の技術使い、短期間で資金調達 – 日本経済新聞

         

日本経済新聞

ICOとは? 仮想通貨の技術使い、短期間で資金調達
日本経済新聞
ICOとは仮想通貨の技術を使った資金調達のことで、イニシャル・コイン・オファリングの略です。資金調達したい事業者は「トークン」と呼ばれるデジタル権利証を発行し、一般投資家から買い手を募ります。投資家はビットコインなどの仮想通貨でトークンを購入します。 一般的にトークンを発行する事業者は購入者に対し開発するサ

and more »

              広告

Follow me!

           

ICOとは? 仮想通貨の技術使い、短期間で資金調達 – 日本経済新聞

         

日本経済新聞

ICOとは? 仮想通貨の技術使い、短期間で資金調達
日本経済新聞
ICOとは仮想通貨の技術を使った資金調達のことで、イニシャル・コイン・オファリングの略です。資金調達したい事業者は「トークン」と呼ばれるデジタル権利証を発行し、一般投資家から買い手を募ります。投資家はビットコインなどの仮想通貨でトークンを購入します。 一般的にトークンを発行する事業者は購入者に対し開発するサ

and more »

              広告

Follow me!

           

Crassula Capitalが1月23日にICOを行い、仮想通貨と貴金属市場に投資へ(共同通信PRワイヤー) – 毎日新聞

         

Crassula Capitalが1月23日にICOを行い、仮想通貨と貴金属市場に投資へ(共同通信PRワイヤー)
毎日新聞
【モスクワ2018年1月22日PR Newswire=共同通信JBN】Investment Partnership(投資組合)の「Crassula Capital」(以下、Crassula Capital)は22日、仮想通貨と貴金属市場に投資して資金調達するためにICOを行う計画を発表した。 (Logo: https://mma.prnewswire.com/media/631332

              広告

Follow me!

           

Crassula Capitalが1月23日にICOを行い、仮想通貨と貴金属市場に投資へ – SankeiBiz

         

Crassula Capitalが1月23日にICOを行い、仮想通貨と貴金属市場に投資へ
SankeiBiz
(4)Crassula CapitalはプレICOICO、金融とテクノロジー企業の縁故募集、公式プログラム(サンドボックス・アプローチ)に好条件で参加する機会を持っている。 結論として、「投資先を決めるのが困難な場合・・・」というビタリク・ブテリン氏の典型的な言葉を引用するならば、Crassula Capitalはこうした仕事を行うために登

and more »

              広告

Follow me!

           

Crassula Capitalが1月23日にICOを行い、仮想通貨と貴金属市場に投資へ – 共同通信PRワイヤー (プレスリリース)

         

Crassula Capitalが1月23日にICOを行い、仮想通貨と貴金属市場に投資へ
共同通信PRワイヤー (プレスリリース)
【モスクワ2018年1月22日PR Newswire=共同通信JBN】Investment Partnership(投資組合)の「Crassula Capital」(以下、Crassula Capital)は22日、仮想通貨と貴金属市場に投資して資金調達するためにICOを行う計画を発表した。 (Logo: https://mma.prnewswire.com/media/631332

and more »

              広告

Follow me!

           

         

Crassula Capitalが1月23日にICOを行い、仮想通貨と貴金属市場に投資へ
共同通信PRワイヤー (プレスリリース)
【モスクワ2018年1月22日PR Newswire=共同通信JBN】Investment Partnership(投資組合)の「Crassula Capital」(以下、Crassula Capital)は22日、仮想通貨と貴金属市場に投資して資金調達するためにICOを行う計画を発表した。 (Logo: https://mma.prnewswire.com/media/631332

and more »

              広告
           

         

中国規制でも衰えぬ「ICO」 累計2500億円超
日本経済新聞
企業や個人が独自の仮想通貨を売って資金を集める「新規仮想通貨公開(ICO=イニシャル・コイン・オファリング)」の拡大が止まらない。9月16日時点で2014年からの調達総額が23億ドル(約2590億円)に迫る。9月に入り、中国がICOの全面禁止や仮想通貨取引所の閉鎖を …

and more »

              広告
           

         

不動産投資情報サイト HEDGE GUIDE

ICOに関する情報交換サイトが日本で初登場。ICOのQ&Aサイト「Bitcoin talk Japan」がリリース
不動産投資情報サイト HEDGE GUIDE
ICOはプロジェクトオーナーが発行するトークンを投資家が暗号通貨で購入することによって、従来よりも柔軟に資金調達を可能にしたスキームだ。今回リリースされた「Bitcoin talk Japan」ではICOに関連するプロジェクト情報やトピックの質問やコメントに評価制度を設けることで、 …

              広告
           

         

ログミー

ICOでは「プロジェクトの価値」が重要になる 新たな資金調達で誕生する“二段構成”な判断基準
ログミー
ICOによる資金調達は、“個人の価値を評価する新たな手段”としても注目を集めています。では今後、個人はなにをもとに価値を出していくのでしょうか? AnyPayが主催した「ICO Conference」で、セッション「ICOについて考える。ICOが今、注目される理由。」が行われました。登壇したのはメタップス佐藤航陽氏、VALU小川

and more »

              広告
           

         

PR TIMES (プレスリリース)

アニメ業界共通の通貨を目指すAMPLE!コインにサイブリッジグループが運営する日本初のICOファンドが投資を決定。新たに堀江貴文氏ら5名がアドバイザーへ就任。
PR TIMES (プレスリリース)
サイブリッジグループ株式会社(代表取締役会長: 水口翼)が設立した日本初のICOファンドは、コスプレイヤープラットフォーム「AMPLE!」を運営する株式会社AMPLE(本社:東京都港区、代表取締役社長:霜田 元毅)が発行するAMPLE!コインへの投資を決定致しました。

and more »

              広告
           

         

BUSINESS INSIDER JAPAN

多摩大学 ルール形成戦略研究所が発足した「ICO(Initial Coin Offering)ビジネス研究会」に当社の代表取締役 加納が技術アドバイザーとして参画
PR TIMES (プレスリリース)
国内最大*の仮想通貨・ブロックチェーン企業である株式会社bitFlyer(本社:東京都港区、代表取締役:加納 裕三、以下「当社」)の代表取締役である加納は、多摩大学ルール形成戦略研究所(所長:國分 俊史)が創設した「ICO(Initial Coin Offering)ビジネス研究会」(座長:國分 …
12月4日「革命か破壊者か? ブロックチェーン最新事情」イベント開催 —— ICOから法整備、社会課題解決までBUSINESS INSIDER JAPAN

all 3 news articles »

              広告
           

         

THE BRIDGE,Inc. / 株式会社THE BRIDGE (プレスリリース) (ブログ)

東欧のベラルーシ、ブロックチェーンスタートアップとICOを惹きつけるべく仮想通貨の新ルールを制定
THE BRIDGE,Inc. / 株式会社THE BRIDGE (プレスリリース) (ブログ)
パークの入居企業は法人税が免除され、個々人の所得税もわずか9パーセントになる。 入居企業は、今回の決定を経てより積極的にブロックチェーン領域に投資できるようになる。新しい法律は、「デジタルトークンのマイニング、買収、販売で得た収益」において個人税を免除し、さらに「デジタルトークンのマイニング、発行、買

and more »

              広告
           

         

THE BRIDGE,Inc. / 株式会社THE BRIDGE (プレスリリース) (ブログ)

メタップスのタイムバンクが「COMSA」でのICOに合意ーー国内上場企業で初、早ければ年内実施へ
THE BRIDGE,Inc. / 株式会社THE BRIDGE (プレスリリース) (ブログ)
ブロックチェーン技術関連事業を手掛ける テックビューロ は11月6日、同社の提供するICO(Initial Coin Offering、新規コイン公開)ソリューションの「COMSA」にてメタップスがICOを実施することに合意したと発表している。メタップスの提供する時間取引所サービス「タイムバンク」 …
ICOで109億円調達、テックビューロ、日本企業で最大 :日本経済新聞日本経済新聞
人の「空き時間」を売買する時間取引所タイムバンク、ICOを実施インターネットコム

all 10 news articles »

              広告
           

         

Yahoo!ニュース 個人

タレント「GACKT」が仮想通貨ICO参入も問題続発、フィンテックバブルはどうなるのか
Yahoo!ニュース 個人
と思いきや、与沢翼さんを見限ってGACKTを使い仮想通貨によるICOビジネスに乗り出してきたのだとしたら、どう受け止めるべきなのでしょうか。あくまで代理業務を行っているということで、仮に「SPINDLE」で決済トラブルなどの何か問題があってもうまく責任を回避できる仕組みを構築しているのかもしれませんが、肝心の契約書
GACKTが初めて本名を明かし、実業家として仮想通貨事業に取り組むことを発表音楽ナタリー
GACKTが実業家として初めて本名を公表 実名で参画した理由も明かすlivedoor
GACKT、本名を初公表モデルプレス

all 38 news articles »

              広告
           

         

時事通信

仮想通貨取引所を監視=10月以降、本格化-金融庁
時事通信
金融庁は10月から、「ビットコイン」などを取引する国内の仮想通貨取引所への監視を本格化する。顧客資産を保護する体制などをチェックし、必要があれば立ち入り検査も行う。仮想通貨をめぐっては、新たなサービス創出が期待される一方、詐欺や資金洗浄(マネーロンダ …
仮想通貨を規制する中国、何が起きているのかForbes JAPAN
仮想通貨取引所登録制スタートBLOGOS
中国人民銀、仮想通貨発行を検討 「管理者不在」のリスク懸念 取引所停止 (1/2ページ)SankeiBiz
株探ニュース –エキサイトニュース –livedoor
all 34 news articles »

              広告
           

         

コインテレグラフ・ジャパン(ビットコイン、仮想通貨、ブロックチェーンのニュース)

【特別寄稿】ICOの次なる目玉は「イニシャル・カントリー・オファリング」だ!統治機構を変革
コインテレグラフ・ジャパン(ビットコイン、仮想通貨、ブロックチェーンのニュース)
… 戦略を策定し2020年までのペーパーレス化を目指す。 企業の登記が多い米デラウェア州はブロックチェーン基盤のシステムを整備する構えだ。会社登録や株式の発行、取締役会決議の記録、売買取引の結果としての株式の再分配に対応する。英エバーレジャー社は、ダイヤモンドや美術品、高級ワインのデジタ

              広告
           

         

オウケイウェイヴがストップ高、ICO関連株として物色される
minkabu PRESS
オウケイウェイヴがストップ高。同社はQ&Aサイトを展開する名証セントレックス上場企業だが、海外子会社を通じてシンガポールでICO(仮想通貨技術を使った資金調達)プラットフォーム事業を行うWOWOO(ワォー)社に出資しており、ICO関連銘柄として株価は人気化している様子だ。ICOソリューション「Wowoo」のトークンである

and more »

              広告
           

         

ニコニコニュース

仮想通貨で資金集める「ICO」、法的解釈は
ニコニコニュース
企業が仮想通貨(トークン)を発行してサービスなどの開発資金を調達する「ICO」(Initial Coin Offering:新規コイン発行)が注目を集めている。2017年春ごろに伸び始め、世界中のICO案件を合わせると9月時点で総額2674億円に上る(※)。しかし調達した資金で“真面目に” …

and more »

              広告
           

         

ブルームバーグ

ICOで発行されるトークン、実際の使用は1割だけ-投機目的が大半 …
ブルームバーグ
デジタル通貨市場を巡る熱狂が広がる中、実際には新規仮想通貨公開(ICO)で発行されるトークンの約1割しか使用されていない現実がある。

and more »

              広告
           

         

ITmedia

仮想通貨で資金集める「ICO」、法的解釈は
ITmedia
企業が仮想通貨(トークン)を発行してサービスなどの開発資金を調達する「ICO」(Initial Coin Offering:新規コイン発行)が注目を集めている。2017年春ごろに伸び始め、世界中のICO案件を合わせると9月時点で総額2674億円に上る(※)。しかし調達した資金で“真面目に” …

and more »

              広告