CATEGORY ICO

伊藤穣一氏のICOバブルに対する苦言とは? – コインチョイス

コインチョイス伊藤穣一氏のICOバブルに対する苦言とは?コインチョイス伊藤穣一氏は最近のICO(イニシャル・コイン・オファリング)の過熱ぶりについて言及し、手軽な資金調達方法として広まってしまったICOについて苦言を呈している。 スタンフォード大学で2日間に渡って行われているビットコイン開発者向けのイベント「スケーリングビットコイン」2日 …ICOの次は選挙?ブロックチェーンの新しい使い道とは | ReadWrite[日本 …ReadWrite Japan (ブログ)【ビットコイン…

メタップスのタイムバンクが「COMSA」でのICOに合意ーー国内上場企業で初、早ければ年内実施へ – THE BRIDGE,Inc. / 株式会社THE BRIDGE (プレスリリース) (ブログ)

THE BRIDGE,Inc. / 株式会社THE BRIDGE (プレスリリース) (ブログ)メタップスのタイムバンクが「COMSA」でのICOに合意ーー国内上場企業で初、早ければ年内実施へTHE BRIDGE,Inc. / 株式会社THE BRIDGE (プレスリリース) (ブログ)ブロックチェーン技術関連事業を手掛ける テックビューロ は11月6日、同社の提供するICO(Initial Coin Offering、新規コイン公開)ソリューションの「COMSA」にてメタップスがICOを実施するこ…

タイムバンクがテックビューロ社のCOMSAでのICOを合意、早ければ年内に実施を予定 – PR TIMES (プレスリリース)

タイムバンクがテックビューロ社のCOMSAでのICOを合意、早ければ年内に実施を予定PR TIMES (プレスリリース)株式会社メタップス(本社:東京都新宿区、代表取締役:佐藤 航陽、以下「メタップス」)は、時間取引所「タイムバンク」に関して、テックビューロ株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:朝山 貴生、以下「テックビューロ」)が提供するICOソリューション「COMSA」を用いたICOの ……

Tezos(テゾス)ICO「持ち逃げ疑惑」で創業者、スイス基金らが米国の投資家から集団訴訟された 米証券法違反の可能性も ICOバブル崩壊? – Market Hack (ブログ)

Market Hack (ブログ)Tezos(テゾス)ICO「持ち逃げ疑惑」で創業者、スイス基金らが米国の投資家から集団訴訟された 米証券法違反の可能性も ICOバブル崩壊?Market Hack (ブログ)今年最大のICO(イニシャル・コイン・オファーリング)で2.32億ドルを調達したTezos(テゾス)の創業者、キャスリーン・ブライトマンと旦那のアーサー・ブライトマン、そしてICOの「受け皿」となったスイスの基金らが、米国の投資家から集団訴訟されました。 提訴したのはこのICOに …..

調達額300万円に落胆したベンチャーの誤算 – 東洋経済オンライン

東洋経済オンライン調達額300万円に落胆したベンチャーの誤算東洋経済オンラインそのような疑問を海外の投資家から投げかけられたのは、仮想通貨を使った新しい資金調達手段として世界的に注目を集めているICO(イニシャル・コイン・オファリング)を実施したベンチャー企業・メタモ代表の佐藤由太氏だ。 今年3月に佐藤氏を中心に設立されたメタモは、8 …and more »…