ビットコインの違法行為目的の利用が全体の9割から1割に激減、投機が主流に – CRYPTO TIMES


CRYPTO TIMES

ビットコインの違法行為目的の利用が全体の9割から1割に激減、投機が主流に
CRYPTO TIMES
米国麻薬取締局によると、ビットコインの違法行為目的の利用の割合が激減したと、ブルームバーグが7日に報じた。 米国麻薬取締局のLilita Infante氏が5年前に調査した際、仮想通貨取引における違法行為は全体の約90%にもなったといいますが、現在では10%にまで激減 ...

カテゴリー